2015年08月08日

夕立のあとに

東京では猛暑が続いているというニュースを、毎日のようにみていますが、東京の皆様
さぞかし体力消耗の日々をお過ごしかと思います。
標高960メートルの軽井沢でもさすがに
ここ2週間ほどは昼の11時ごろから午後15時ごろまでは気温があがり
風のない日や、木陰のない場所ではじりじりと日が照り、真夏の暑さを感じます。
そしてだいたい15時をすぎて夕方になると、ものすごいスコールのような強い雨が
ふります。いわゆる車のワイパーも効かないくらいのどしゃ降り・・
フライパンのように熱された道路の上に雨が降ると、モワモワと蒸気がたちこめていきます。
レンタル自転車などで楽しげにサイクリングをしている方には突然の雨で
かわいそうですね
なんとなく雨の降る前は東からひんやりした風が吹き始め、湿った森のようなにおいがどこからともなく
してきます。
このにおいがすると、あっそろそろ雨が来るな…とわかります
夜は19時にもなれば窓を全開にしていると冷たい夜の空気が流れ込みはじめ
寒く感じますので、寝るときは少しだけ窓をあけて毛布をかぶって寝ています。
クーラーをつけたまま休む東京の熱帯夜にくらべれば天国ですね。

ここ毎日この暑い日差しとスコールというパターンが続いていましたが、先日雨のあとにきれいな虹が見えました。
パチリ!
ちょうど離山のふもとから空高くのびたような虹でとてもきれいでした。
まつい.jpg
posted by 森のメッセンジャー at 16:47| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 森の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。