2016年02月09日

冬来たりなば春遠からじ?

毎日毎日雪景色ばかりのこの頃です。

今日はちょっと用事で町役場に行っていましたが、役場の建物もこんな感じでした。

gg1.jpg

うちの事務所よりも凄い雪と氷柱。
うーん、負けた

日中は気温も少し上がるので、昼間とけた雪が夜凍る、の繰り返しで、道も雪かきではなく、氷砕き!といった感じです。

道端には砕いた氷の山ができています。

gg3.jpg


霧氷になっている木の枝を見ると…

gg2.jpg

芽を付けていました。
氷の中でもしっかりと春の準備をしています

すごい生命力!

冬来たりなば春遠からじ。
春が待ち遠しいこの頃です。






posted by 森のメッセンジャー at 11:09| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森の便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。